Web Works ホームページ制作、WEBサイト構築・コンサルティング

ホームページ制作の進め方

ホームページの構築でお客様からのご相談を受ける際、お客様側に対してまず
「ホームページで何をされたいですか」
ということをお聞きしています。

ホームページも御社の立派な営業マンの一人です。あるいはそれ以上の力を発揮する営業ツールとなります。
そういう存在になるかどうかは、完成・公開後に「どうホームページを育てていくか」にかかっています。

決して、ホームページの完成がゴールではありません。

見る側のニーズは絶えず変化していて、発信する側との誤差は大小生じているものです。

公開された瞬間から、そのホームページが、見る側の「思惑」と発信する側「目的」が一致するするように、そのベクトルが一致するように、日々調整していくことも必要です。

制作段階=案件のコンセプト定義をしっかりと行います。

まずはお客様の作りたいホームページについて、しっかりとヒアリングさせていただきます。
ホームページで何を行いたいのか、もちろん会社の中でのホームページとは、何らかの利益を生み出す存在でなければならないと考えています。
ホームページでアピールしたい要素(商品)が何なのか、どう見せるのか、このジャンルの情報を求める閲覧者は何を求めているのか、売り手、買い手の情報の要素を見極め、その目標に対してきちんと実現できているかを検証し、短期、長期スパンの両方においてホームページを「優れた収益モデル」へと発展させていきたいと考えています。

準備

お問い合わせフォーム、またはお電話でご連絡ください。
ご希望のプランによりヒアリング、またはデザイン内容のプレゼンテーション、原稿等のやり取り等について打合せさせていただきます。

制作の流れ

ホームページの制作手順については、WEB制作会社により変わります。当社においても各制作プランにより打合せの内容等が変わります。
下記はカスタムプランでの大まかな作業の流れを掲載しています。

  1. ヒアリング
    制作したいホームページのコンセプト、御社の取り扱い商品等、入念にヒアリングを行い、ホームページの方向性を決定していきます。
  2. 企画
    ヒアリングにて得た情報を元に、ホームページの企画立案を行います。商品構成等を元にアクセシビリティに優れたインターフェイスデザインをプランニングし、お客様に納得頂けるまで、何度でもご提案させていただきます。
  3. 設計・構築
    企画内容にご了解が得られたらいよいよ制作にかかります。
    要素は2つ、表現力と設計力。
    ホームページに掲載する情報をより分かりやすく、より魅力的に表現するライティングとデザインを引き起こす表現力。
    そして、ホームページの内部構造きちんとし、キーワードを明確化させる「設計力」。
    ホームページも家づくりと同じ。まずは設計からじっくり取りかかります。CSS、XHTMLの文書構造を制作段階できちんと明確化し、あらゆる状況に対応、変更できるよう臨機応変な文書設計を行います。
    また、プログラム、スクリプトレベルでも利用に即した実用的なスクリプティングを心がけます。
  4. 校正/調整
    当社の確認用テストサーバーにてホームページの構成内容をご確認いただきます。修正箇所等があれば、その都度修正を重ね、ご満足いただけるまでしっかりと作り込みを行います。
  5. 運用テスト
    サーバーサイドで動かすプログラム等の運用テストを行います。
  6. アップロード(納品)
    全てにご満足、ご了解いただけたらいよいよホームページの公開です。しかし、ここが終着点ではありません。
    ここからがお客様に利益を与える、本当の始まりです。
    運用後のアクセス状況や商品構成等を見ながら、微調整、更新を繰り返し、よりよいホームページの構築を目指します。
このページの先頭へ